【不倫】鈴木杏樹の2日後に妻と…不倫に走った喜多村緑郎の「残酷」行為!

芸能

鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
21キロバイト (2,507 語) - 2020年2月7日 (金) 04:18



(出典 static.blogos.com)


最近不倫が多いね😅

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/07(金) 08:06:43 ID:vBNKsOqx9.net


(出典 image.dailynewsonline.jp)


女優の鈴木杏樹(50)が、元宝塚トップスターで女優の貴城けい(45)を妻に持つ元歌舞伎役者・二代目喜多村緑郎(51)と“不倫関係”にあることを2月5日の『文春オンライン』が報じた。 

記事によれば、2人は昨年10月に行われた舞台共演をきっかけに出会い、昨年暮れに“深い仲”に発展。
今年1月の海岸デートでは人目もはばからずキスやハグを繰り返し、その後、高級外車に乗り込みラブホテルへと消えていったと報じている。

『相棒』(テレビ朝日系)、『なつぞら』(NHK)など近年も話題作に出演してきた鈴木に比べ、舞台を中心に活躍する喜多村のお茶の間認知度はあまり高くない。
が、その実力は折り紙つきだ。長らく身を置いていた歌舞伎界では、2011年に二代目市川月乃助を襲名するなど、180センチを超える長身を生かして花形俳優として活躍。
2016年には歌舞伎から転じて「劇団新派」に入団し、中心メンバーとして毎年3回ほど公演を行っている。

私生活では2013年1月に貴城と結婚し、誰もがうらやむ美男美女カップルとなった。

結婚から丸7年、良好な夫婦関係を築いていたかに思えたが、最近の喜多村のSNSには「不倫の予兆」があったという。

「2人の出会いとなった“舞台”とは、昨年10月から1か月、京都南座で上演された藤山直美(61)主演の『喜劇 道頓堀ものがたり』です。
実は11月4日の千秋楽前日、喜多村さんは自身のツイッターに、鈴木さんとの2ショットを堂々と掲載しているんです。心なしかお互い顔がゆるんでいるように見えますね」(芸能ライター)

このころから、2人の間には何か“ビビっ”とくるものがあったのだろうか。

「驚くべきはその2日後。東京に戻った喜多村さんは、妻の貴城さんと仲むつまじく顔を寄せ合った2ショットをアップしています。
さらに『妻と久しぶりに再会』『妻の稽古終わりに行きつけのお店に来ました』とコメントしていて、妻を大切にする夫の姿そのもの。
わずかその2か月後に不倫に走るなんて、誰も想像しなかったのではないでしょうか。当時は意図していなかったでしょうが、不倫相手と妻の立て続けの2ショットは、今思えばとても“残酷”ですね」(前同)


(出典 image.dailynewsonline.jp)


けい、喜多村緑郎※画像は喜多村緑郎のツイッターアカウント『@1969Tuki』より

2月6日に発売される『週刊文春』では、2人のデートの様子や鈴木、喜多村、貴城の3人への直撃インタビューも掲載されるという。当事者たちは、果たして何を語るのか――。

http://dailynewsonline.jp/article/2182242/
2020.02.05 23:40 日刊大衆




(出典 amd.c.yimg.jp)


続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました