北条氏政「ご飯に味噌汁を2回かけた結果wwuwwuwwuwwuwwuww」

1 : 風吹けば名無し :2018/08/21(火) 10:39:35.93 ID:CYe5FWs+0
北条氏政の父、氏康が存命だった頃の話です。
父子で一緒に食事をしていた時、
氏政が一度汁を飯にかけ、その後少なかったからと言ってもう一度汁をかけました。
それを見た氏康が大きく嘆息して首を振ったので、不思議に思った家臣が、
食事の後に、どうしたのかと尋ねます。
氏康は「あいつは毎日食事をしているのに汁をかける加減も分からない。
    それすら出来ないのでは、人の心が測れるはずもないだろう」と答え、
「北条氏もわしで終わりか…」と嘆いたとそうです。



2 : 風吹けば名無し :2018/08/21(火) 10:40:00.09 ID:CYe5FWs+0
北条氏政の愚将な逸話 味噌汁をかける加減が分からない
http://historivia.com/cat6/hojo-ujimasa/5314/



3 : 風吹けば名無し :2018/08/21(火) 10:40:22.61 ID:ANDfKpNia
いちゃもん杉内?



続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました