BCG摂取義務有無で新型コロナの発生率・死亡率に10倍の差 米国の研究者ら発見

1 : ほっしー(長野県) [DK] :2020/04/07(火) 21:20:57 BE:323057825-PLT ID:vGYrpc130
BCGワクチン接種ポリシーがない国では、178か国のデータを分析した米国と英国の医学研究者による次の研究と比較して、Covid-19の発生率と死亡率が10倍高かった発見した。

BCG、またはカルメットゲラン菌は結核のワクチンであり、インドなど歴史的にこの病気に苦しんできた国々で出生時に投与されます。米国、イタリア、オランダなどの多くの裕福な国は、BCGの普遍的なワクチン接種方針をこれまで持っていません。

調査では、178か国で3月9日から24日までの15日間のCovid-19の実例と死亡率を調べ、「Covid-19の発生率は、BCGワクチン接種国では100万人あたり38.4プログラム。死亡率は、BCGプログラムを実施している国では428万/ 100万であったのに対し、そのようなプログラムを実施していない国では40/100万でした。」調査した178か国のうち、21か国はワクチン接種プログラムを実施していませんでしたが、26か国では状況が不明でした。後者のグループは、この研究の目的のためのポリシーを持たないものとして扱われました。

「BCGの保護効果が見られると予想していましたが、BCGワクチン接種プログラムのある国とない国の発生率と死亡率(Covid-19の)の差(ほぼ10倍)は驚くほど驚くべきものでした」とAshish Kamat博士は述べた。論文の共著者であり、テキサス州ヒューストンのMDアンダーソンがんセンターでの泌尿器腫瘍学(外科)およびがん研究の教授。

ここ数週間で、BCGはCovid-19の候補ワクチンとして浮上しており、この病気に対する有効性をテストする4,000人の臨床試験がオーストラリアで現在進行中です。しかし、SARS-CoV-2が世界中に広がり続け、現在100万人以上が感染しているため、幼少期にBCGワクチンを接種された集団にとってそれが意味することはまだ明らかではありません。

「ウイルス感染に対する防御免疫を付与するための、権威ある査読付きジャーナルでのよく行われた研究から、およびBCGワクチンの有効性に関する無作為化対照試験を通じて、多数の証拠が存在します」とカマット博士は電話でETと語りました米国から。

BCGワクチン接種政策は、Covid-19の発生率、死亡率に10倍の違いをもたらす:新しい研究
https://m.economictimes.com/industry/healthcare/biotech/healthcare/nations-without-bcg-vaccination-saw-higher-cases/articleshow/74956201.cms
(英語)




続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました